トップページコンサルティング&トレーニングコンサルティング・サービス > 定額ログ監査PACK80

定額ログ監査PACK80
標的型サイバー攻撃への備え
定額ログ監査PACK80
「定額ログ監査PACK80」とは

定額ログ監査PACK80とは、「現在の対策状況評価」、「内部対策支援ツール(対象4製品)の導入」、「月次レポーティング」を月額80万円(税抜)でご利用いただけるサービスです。 導入した4製品については、ユーザ数・サーバ台数などに関わらず、ご契約期間中は無制限でご利用いただけます。

 

 

「定額ログ監査PACK80」の特長

定額制で明確な料金

定額ログ監査PACK80は、月額定額制のサービスです。 定額ログ監査PACK80の利用料金には、「初期アセスメント」、「支援ツール(対象4製品)の導入」、「月次レポーティング業務」、「支援ツール(対象4製品)のライセンス利用料」がすべて含まれますので、月額80万円(税抜)で標的型サイバー攻撃への内部対策を始めることができます。

対策状況の「見える化」

ツールを導入しログを蓄積しても、ログの監査と分析には人手や経費といったコストの問題があります。また、ログ監査にはノウハウが必要となります。ログを取得したものの、その情報量の多さにより重要な情報を見落としてしまう可能性もあるため、ログの有効活用には困難が付きまといます。

本サービスでは、ログ管理基盤である対象4製品の導入を支援するだけではなく、その後の継続的なログ監査、メニュー化したレポーティング、監査からの考察までをサポートし、貴社における標的型サイバー攻撃への対策状況の「見える化」を実現します。

支援ツールは3000ライセンスを超える販売実績

定額ログ監査PACK80では、ゾーホージャパン株式会社が提供するManageEngineの以下4製品を無制限で利用することができます。

定額ログ監査PACK80対象製品一覧
製品名製品概要
ファイアウォール/プロキシログの可視化、レポート作成/アラート設定に活用できます。
https://www.manageengine.jp/products/Firewall_Analyzer/
Active DirectoryのID管理や定期的な棚卸し、ワークフローの整備に活用できます。
https://www.manageengine.jp/products/ADManager_Plus/
Active Directoryの監査レポート作成やアラート設定に活用できます。
https://www.manageengine.jp/products/ADAudit_Plus/
ネットワーク機器のsyslogサーバー、ログ収集ツールとして活用できます。
https://www.manageengine.jp/products/EventLog_Analyzer/

ManageEngineは、ゾーホージャパン株式会社が提供するネットワークやITサービス、セキュリティ、デスクトップ・ノートPC、ビジネスアプリケーションなどを管理する製品・サービス群です。

必要十分な機能に限定、かつ、直感的な操作が可能な画面設計により、短期間での導入が可能であり、その後の運用フェーズにおいても手間がかからず、よりシンプルなIT運用管理を実現できる製品です。

日本国内の一般企業、官公庁や自治体などへ、3,000ライセンスを超える販売実績があり、安心して使える製品・サービスです。また、 最大で29言語に対応する製品・サービスは、北米、欧州をはじめ、南米、中東、アジアなど世界で12万社以上の企業や組織が導入実績があります。

サービスの詳細や導入にあたってのご質問は、以下よりお問い合わせください。

本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。®マーク、TMマークは省略しています。